COMME des GARÇONS HOMME PLUS × NIKE

川久保玲さんのおっしゃっていた「いいものは高い」というお言葉を思い出させてくれる一足。

f:id:hynm_nishiguthi:20170108225727j:image

f:id:hynm_nishiguthi:20170108225733j:image

f:id:hynm_nishiguthi:20170108230923j:image

f:id:hynm_nishiguthi:20170108225756j:image

久々のDUNK。


そういえば、DUNKの靴紐の幅は8mmだったはずなのに、これは10mmだった。

これが特別なのか、いつからかDUNKの靴紐を10mmに変更したのか、それとも僕の持っている数足のDUNKがたまたま特別なのか。

f:id:hynm_nishiguthi:20170108231403j:image

黒のみにする前の、紐の通し方の紆余曲折。

f:id:hynm_nishiguthi:20170108225853j:image

f:id:hynm_nishiguthi:20170108225909j:image

 

ちなみに、今年初購入の靴はこれだけれど、今年初のお買い物はこの津屋崎ピンズ。

f:id:hynm_nishiguthi:20170108230405j:image

f:id:hynm_nishiguthi:20170108230412j:image

久々にヒカリエに行ったら、8階で片山萌美さんを見かけた後にこの蜻蛉に出会った。

他のピンズにも惹かれつつ、今の僕に最も合う意味を持つものを選び、この蜻蛉だけを連れて帰った


ヒカリエはときどき行くとおもしろいところなのだろうなと思いつつ2017年のお買い物が始まった。 

Supreme Camp Cap (2000)

2000年の初売りで購入した後、一度も被ることなく兄に持っていかれた帽子がやっと返ってきた。

二つになって。

f:id:hynm_nishiguthi:20170102153830j:image 

多分、右が僕のもので、それに小さな穴があいてしまったから、その穴の埋め合わせに左のものをどこかで購入してきたものと推測。

 

昨年、先輩がバーバリーのチェックのシャツから生地を取り、帽子にして被っているのを見て惹かれて、この帽子を代替案として考えたけれど、右は穴があるし、左はよれているし、被ることはなさそう。

 

僕は、この帽子を被らない運命にあったのでしょう。

 

ひとまず、17年ぶりに手元に戻ってきてよかった。